キャットフードの形

キャットフードの形をじっくりと見たことがありますか?丸や棒状に四角、丸に穴があいたものと様々です。この形状には意外と大切な要素が含まれています。その要素は子猫が食べやすいように小さくしていたり尖っていないことで口内炎なども防ぐように作られています。

猫は歯磨きをするにも嫌がる猫がほとんどだと思います。そのため歯石がたまり汚れも溜まって歯が違う方向にむいて歯茎に刺さっていたことがありました。そうなると猫は手術での歯のクリーニングしかできません。手術は麻酔がかけられ行われるので費用も高額であることに間違いありません。何よりも口の中がとにかく痛いようでごはんをしっかり食べることができません。

影響は歯だけではなくよだれも出て口が閉められなくなりました。口臭もひどくなり色々な影響が出ることが分かりました。そういった症状が出る前にできる対策が今はあるようです。

今では歯石を取り除けるような形状も開発され、毎日与えることで歯みがきの効果もあります。歯磨きができない分歯石除去の形をしたキャットフードなどでケアしてあげることをおすすめします。

この形に気を遣うまで猫への健康の配慮とパートナーとしての役割を果たしているのですね。

シンプリーキャットフードは悪評!?

コメントを残す




CAPTCHA